カテゴリ:音楽( 7 )
music box waltz
c0048685_16415917.jpg本日のシラハマは風も波も凪いで暖かな日差しが心地よい。あまりにも気持ち良いので、仕事の合間に日向ぼっこがてらウクレレの練習を。

弾いているのはRoy Smeckのmusic box waltz。まだ譜面を見ながら&前半のみだけど、何度となく弾くごとに、指が少しずつ音を憶えてきてくれるのがじんわりと嬉しい。


小さな達成感を積み重ねることは、心の健康を保つのにすこぶるよろしい。と、どこかで聞いたことがあります。寒くて心細い季節の真っただ中だけど、ウクレレと一緒に何とかうまくやり過ごして行きたいものです。




---
by glass-drop | 2015-12-20 16:43 | 音楽
サンバ・ゲリラ@千倉産業祭
日曜の午後。千倉の潮風王国にサンバ隊「ヤンベーヤ」
が集結して、久々のサンバ&ドラムサークル!
メンバーの衣装はポンチョにブーツなどで軽く民俗風。
「コンドルは飛んでいく」風の南米テイストって感じです。

c0048685_1824128.jpgまずはドラムサークルからスタートです。
サンバ隊のメンバーたちが打楽器を叩きはじめると、音を聞き付けて人々が集まってきました。


さいしょは遠巻きに見ていた子供やお母さんなども、
いつのまにか一緒にサークルへ入ってリズムを取っていました。
初心者でも楽しく打楽器を叩けるドラムサークル。
いろんな人が飛び入りで演奏を楽しみました。

皆でドラムサークルを楽しんだあとは、サンバのリズムで
公園の中を行進。芝生の上を演奏しながら歩いていきます。
あたたかな陽射しと青い空、潮騒の水平線。
絶好のロケーションでの太鼓たたきは実にいい気持ちでした!

c0048685_1827845.jpgそういえば今日は別の場所で「産業祭り」が開かれています。
鯨にサザエに干物。みかんや牛乳。地元の色んな物産を売る
テントが並び、会場の千倉漁港は結構な人出で賑わいます。


産業祭りへの正式な参加表明をしていなかったので
ひとまず潮風王国で太鼓叩きを楽しんでいたサンバ隊でしたが、
「やっぱり祭りの会場でも叩きたいよね!」ということに。
急きょ車に楽器をつみこみ、移動することになりました。
そう、サンバ・ゲリラに変身です!

事前連絡なしの襲撃なのでやはり不安な部分もありましたが、
そこは地元に精通しているリーダーM氏の大胆な判断で
「大丈夫だよ!やっちゃえ!」とあいなりました。
さぁ、勝手にパレードのスタートです!

カラフルなテキヤが並び、普段とは違う祭ムードの漁港。
既に片付けを始めてはいますが、まだまだ余韻は残っています。
人々が注目する中、スルドの低音を響かせながら歩くのは
なかなかの快感がありました。

ダッドォーン、ダッドォーン、ダッドォーン・・・!!
漁港内の荷下ろしをする建物の下へと入っていくと
屋根に低音が反響して、これがまた不思議に気持ちいい!
こんな経験、そうあるもんじゃないでしょうね〜!?

手を叩きリズムを取る人。好奇心から付いてくるおじさん。
サンバの音に気付いて手を振ってくれる知人もあちこちに。
テキヤの前でたむろす不良っぽい高校生もコッチに注目です。
うん、皆な面白そうに見ているぞ!

c0048685_18354671.jpg見られることの
快感に目覚めてしまった
サンバ隊の面々。

次回はぜひ正式参加して
より大勢の人々を
巻き込みたいものです!?
by glass-drop | 2005-11-28 18:28 | 音楽
コンガ
連休の最終日、天気の良い夏の午後。
パーカッショニストのT氏夫妻が家へ遊びにやってきました。
南房総に魅了され、ついに移住まで決めてしまったT氏は
「草刈りして疲れたよ〜!」などと言いつつも表情はにこやか。
今日の空みたいに晴れています。

ベランダに出てまったりと海を眺め、お茶を飲みながら
素潜り漁や千倉サンバフェスタなどの話をしていると、こんどは
我らがサンバチームの隊長ことドラマーN氏一家がやってきました。

ベランダはおのずから打楽器の話題でなごむサロンと化しました。
こうなるとやはり引っ張り出されるのが部屋に置かれた古いコンガ。
たちまち皆の話題の的‥‥というよりサロンの一員として参加です。

N氏にたたずまいを誉められ、コンガはいつもより輝いて見えます。
そしてしっかりと張りのある音でT氏の叩く手に答えています。

妙なプロポーション、へんてこなロゴ、格好つけた形の金具・・・
生まれて数十年は過ぎていると思しきこの古ぼけたコンガが、
ここ南房総の地に至るまでに渡ってきた人の手や居場所を想像すると、
ちょっぴり感慨を覚えます。

そうだったのかコンガ君。君は楽器としての誇りを再確認するために
ここにやってきたのかもしれないね・・・

c0048685_20245838.jpgいつか南房総に
打楽器好きがもっともっと
たくさん集まる日が来たら、
私は君を連れて出かけよう。
皆と一緒にリズムを奏でよう。

T氏やN氏みたいに
カッコよく素敵には
叩けないけれど・・・!
by glass-drop | 2005-07-18 20:16 | 音楽
ご当地サンバ!?
昨夜、千倉漁港のそばで開かれたサンバステップ&リズム教室。
8/6(土)に行われる「千倉サンバフェスタ」に向けて、
皆でサンバに親しんでみよう!という企画です。
もちろん我らが地元サンバチーム・通称「ヤンベーヤ」も
楽器を持って参加。楽しいレッスンを受けて参りました!

↓サンバフェスタのポスター叩き台。イラストは私。c0048685_132459100.jpg

最初に始まったのはダンサー平田ミオさんによるステップ講座。
まず体をリラックスさせるウォーミング・アップから始まり、
腰の回し方・足の運び方などサンバの基本に入っていきます。

腰は右→後→左→クィっと右!に半円形に回すのがポイント。
ちなみに腰を前に突き出すのは品位に欠けるためご法度なのだとか。
足の方は、三角形に踏むステップをなかなか体が憶えてくれず、
どうしてもぎこちなくなってしまいます。
足に合わせて腰や肩も自然に動くのが理想的とのことですが・・・

セクシーかつキレあるステップを踏むには、リズムに乗るのは勿論
日頃から踊って体になじませておくこともやはり大事なんですね。

c0048685_13292986.jpgそして楽器の準備ができた別の部屋ではリズム教室も始まりました。こちらは平田康彦氏とヤンベーヤの楽器隊長N氏が担当。

楽器隊の私も自分のアゴゴ(写真)を手に、ステップ教室から移動します。

音を合わせてみると、普段の練習より人数と楽器が多い分
厚みと迫力があっていい感じ。いつもの練習で叩いていたリズムも、
テンポを上げることでかなり高揚感が出てきています。
アゴゴも構え方やリズムパターンを変えるとノリもひと味違います。
う〜ん、これは楽しいぞ!

後半は楽器隊とダンス部隊を合体し実践に近い状態での練習。
一列に並びリズムに合わせて行進する楽器隊。
アゴゴやタンボリンは軽いからいいけれど、低音のスルドは
大きいため歩きながらの演奏はなかなか大変そう。
ダンス部隊は群舞の型をマスターし実に楽しそうにダンス、ダンス!
最初から比べると、皆な照れが抜けていい感じにハジけてます。
いいぞ、いいぞ!

予定時間を超えての練習となりましたが、まだやっていたい感じ。
この気持ちを皆で次回の練習につなげていけるといいなぁ・・・!

ちなみにこの日、南房総の「ご当地サンバ」が生まれるかも!?
という嬉しい情報も出ました。
ウクレレ&サックスプレイヤー藤井康一氏(Little Jive Boys)が
その新曲をサンバフェスタで披露するらしいのです。
曲のタイトルは我らがサンバチームの愛称と同じ、その名も
「オンダラ・デ・ヤンベーヤ」。房州弁で「俺達でやろう」の意味。


今年の千倉サンバフェスタ、何だか面白いことになりそうですよ。
興味のある人はぜひ来てみて下さい!!

●地元チーム・ヤンベーヤこと「Eschola de Marinos」掲示板:
 http://homepage1.nifty.com/keijiro/samba/
●千倉サンバフェスタ問い合わせ:
 コア・CLIP編集室 tel.0470-23-7541
*ポスターの情報は変更になる場合があります*
by glass-drop | 2005-07-03 13:15 | 音楽
コンナ・モンガ
今年もまた8月初旬に「千倉サンバ・フェスタ」が開催されます。
華やかなサンバ・パレードがやってきて海辺の街と港を練り歩き
たくさんの人々を熱狂の渦に巻き込んだ昨年の初開催以来、
南房総では「我々も地元にサンバ・チームを作ろう!」という
盛り上がりが徐々に高まってきていました。

そんな中、ついに有志が集まって地元チームを結成。
今日は海辺をのぞむカフェの庭先に、十数人のメンバーが集まって
第2回目となる楽器の練習が行われました。

つたないながらも皆で打楽器を叩いて音を重ねていくと、
だんだんサンバらしいグルーヴが出てきてなかなかいい感じです。
複雑なリズムは打てませんが、そこはノリと楽しさでカバー。
この調子なら今年のサンバ・フェスタに合流できるかもね・・・?!

ノってきた我らがサンバ隊は、初のパレードも決行してしまいました。
のどかな田園の小道を浮かれたリズムで練り歩き、折しも近所の
ギャラリーで開かれていた絵画展のオープニング・パーティーに乱入。
庭で作っていたパエリアやお手製のアンズジャム、サラダにワインなど
ちゃっかりご馳走のご相伴にあずかったのでした・・・!

c0048685_2256990.jpgまだまだ楽器もダンサーも
揃っていないチームですが、
音楽を楽しむことにかけては
皆な人一倍積極的。

ついにはこんな打楽器まで
考えてしまいました。
その名も「コンナ・モンガ」


c0048685_22444479.jpg
どんな構え方でも
どこを叩いてもオーケー。
バチで打っても手で叩いても、
なかなか深みのある
イイ音が出るんです。

そのうえ軽いし水で洗える
のでお手入れも簡単。
何より貰いものなので
お金も掛かっていません。

・・・実はこれ、本来の姿は
ジュースを保存するために
使われていた容器なのです。

いやはや・・・こんなもんが打楽器になるとはねぇ!?
by glass-drop | 2005-06-12 22:47 | 音楽
ドラム・サークル
さいきんのお気に入りは、下手っぴながらも打楽器を叩くこと。
企画作品展のパーティーで「ドラム・サークル」を体験したことが
はずみとなり、打楽器の楽しさに目覚めてしまったのです。

何人かが輪になって様々な打楽器を叩きあうドラム・サークル。
決まった曲を憶えて演奏するわけではありません。
叩くのが上手じゃなくても気にしないで大丈夫。
リーダーの合図をきっかけにして思い思いに叩いていくうちに、
自然と皆のリズムが合って「音楽」になっていくから不思議です。

乗ってくると参加メンバーたちの個性がリズムに出てくるのか
妙なノリや掛け合いになったりして、これがまた面白い。
初対面同士でもすぐさま打ち解けてしまうような感覚が得られる、
そんなところもドラム・サークルの魅力だと思います。

打楽器を叩くことはストレス発散に効果的なのだそうです。
音やリズムによって自律神経が刺激されるのが良いのだとか。
たしかに打楽器を叩いていると気持ちが解放される感じ。
自分が本来持っていた子供のような無邪気さが
どんどん引き出されるような、愉快な気分になってきます。

c0048685_19593675.jpg思えば色んなツボが集まっている「手」を使って叩くのですから、そんなところもストレス発散に関係しているのかもしれませんね。

そんな折りに、フラリと波乗りにやってきた知人がタイミングよく何故か?私にコンガをくれました。
青空と波音の下でコンガを叩くのはとっても気持ちがよいものでした。

それ以来、ときおり部屋で叩いてはみるのですが
1人で叩いても何かが違う。あんまり気分が盛り上がらないのです。
なんだか独りごとを言っているような感じで・・・・


「Kj's Rhythm Factory」ドラム・サークルが気軽に体験できます♪
http://homepage1.nifty.com/keijiro/factory/
by glass-drop | 2005-05-17 20:10 | 音楽
出会い
一目惚れを信じています。
妙に心ひかれたり印象に残ったりする出会いは
のちに必然へと変わる偶然を多く孕んでいるように感じます。

音楽との出会いもまた然り。
ハっとするようなインパクトで耳に飛び込んでくる曲や
初めてなのにすぅっとなじみよく聴こえてくる曲は
たいてい自分にとって手放し難い存在となっていくようです。

 ♪君はプールのこと知らなきゃいけないね
  マーガリンのことキャロラインのこと
  ガソリンのことを知らなきゃね
  君は僕のことも知らなきゃ
  〜〜〜  
  君はアイスクリームを食べなきゃいけないね
  僕らと一緒にスタンド・カフェで
  僕を近くで見ながら
  あのロベルトの歌をきかなきゃね
  〜〜〜
  僕が知っている事をおぼえて
  僕がもう知らない事もおぼえなきゃ
  よくわからないけど僕には
  何もかもがオーケーなのさ
  君にとってもすべては平和だし
  僕らは一番の街に住んでいるんだ
  南米随一の街に
  南米随一の街に・・・
  〜〜〜

Quinteto Ternura/キンテート・テルヌーラの「Baby」
さいきん一目惚れ(一耳惚れ)した一曲です。

ブラジル版ジャクソン・ファイブといったところでしょうか。
カエターノ・ヴェローゾの曲のカバーなのですが
モータウン・サウンド風のアレンジになっていて実にグルーヴィー。
天気のよい昼下がりに聴いているとこれがまた気持ちいいのです。

可愛らしい歌詞も、新生活を始めて間もない今の気分にぴったり。
すっかり気に入ってしまったので、何度となくリピートしては
口ずさみながら聴いています。

人は一目惚れしてしまう時、その対象から無意識のうちに
自分と重なる何かを感じ取っているのでしょうね。
そして互いがどこか同じグルーヴを持っているからこそ
絶妙なタイミングで出会うことができたのかもしれません。


↓「Baby」こちらで試聴できます
http://www.ticro.com/search/Q00000130/no_sub/detail/
by glass-drop | 2005-03-17 14:00 | 音楽