<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
カタクチイワシ
大潮の朝。
干潮の海辺に残された浅い潮だまりに、魚の群れを見つけました。
背中はまるで南洋の小魚のように鮮やかな青緑に輝いています。
細く華奢な体。体長はだいたい13センチほどでしょうか。

ビーチサンダルの足で潮だまりに忍びこむと、あわてた魚たちは
なぜか浅瀬へ突進し、砂の上に乗り上げてしまいます。
さっと手を伸ばしてむんずと掴めば、意外なほどにあっけなく
その細い体を捕えることができました。

c0048685_2331293.jpg改めて手の中の魚に目をやると、どこかで見た事がある顔つき。ポロポロこぼれる銀色の丸いウロコ。カタクチイワシです。
しばし夢中になって追いかけ、十数匹を捕まえることができました。


「今の時期になるとイワシの群れがこのあたりの海に来るのよ。
 昨日も港の近くに来てたから、皆な網を持ってすくい取ってたわ。」
腰まで水に浸かってテングサを取っていたおばちゃんが言いました。

「イワシの大群がやってくるとサバもよく取れるようになる。
 イワシはサバの好物だから、追っかけて一緒にやってくるんだ。」
と、バケツとタモ網それぞれをイワシでいっぱいにしたおじいちゃん。

翌日の干潮時もまたカタクチイワシは同じ潮だまりにいました。
そして今日も。今度はけっこうな数です。
タモ網を用意してきたので短時間のうちにたくさん捕まえることが
できました。その数おおよそ120匹・・・!

c0048685_2344717.jpgこれだけの数のイワシ、酢漬けや唐揚げにするのも良いのですが、今回は自家製のアンチョビを作ってみることにしました。
ウロコと皮を取って、スプーンで3枚におろして、塩をまぶして・・・数が多く細かい作業、手先が冷えることもあってなかなか大変。けっこうな時間がかかりました。

下ごしらえを終え外を見ると、海はもうかなり満ちてきていました。
沖合いにはたくさんの海鳥たちが水面すれすれに飛び交っています。
あの下には多分イワシやサバがたくさん群れているのだろうな・・・

豊穣の海は季節ごとに違った顔を見せ、飽きることがありません。
ガラスびんに詰まったイワシが美味しいアンチョビに変わる頃、
今度はどんな海の幸をもたらしてくれるのでしょう。楽しみです。
by glass-drop | 2005-05-25 23:12 | 自然
ドラム・サークル
さいきんのお気に入りは、下手っぴながらも打楽器を叩くこと。
企画作品展のパーティーで「ドラム・サークル」を体験したことが
はずみとなり、打楽器の楽しさに目覚めてしまったのです。

何人かが輪になって様々な打楽器を叩きあうドラム・サークル。
決まった曲を憶えて演奏するわけではありません。
叩くのが上手じゃなくても気にしないで大丈夫。
リーダーの合図をきっかけにして思い思いに叩いていくうちに、
自然と皆のリズムが合って「音楽」になっていくから不思議です。

乗ってくると参加メンバーたちの個性がリズムに出てくるのか
妙なノリや掛け合いになったりして、これがまた面白い。
初対面同士でもすぐさま打ち解けてしまうような感覚が得られる、
そんなところもドラム・サークルの魅力だと思います。

打楽器を叩くことはストレス発散に効果的なのだそうです。
音やリズムによって自律神経が刺激されるのが良いのだとか。
たしかに打楽器を叩いていると気持ちが解放される感じ。
自分が本来持っていた子供のような無邪気さが
どんどん引き出されるような、愉快な気分になってきます。

c0048685_19593675.jpg思えば色んなツボが集まっている「手」を使って叩くのですから、そんなところもストレス発散に関係しているのかもしれませんね。

そんな折りに、フラリと波乗りにやってきた知人がタイミングよく何故か?私にコンガをくれました。
青空と波音の下でコンガを叩くのはとっても気持ちがよいものでした。

それ以来、ときおり部屋で叩いてはみるのですが
1人で叩いても何かが違う。あんまり気分が盛り上がらないのです。
なんだか独りごとを言っているような感じで・・・・


「Kj's Rhythm Factory」ドラム・サークルが気軽に体験できます♪
http://homepage1.nifty.com/keijiro/factory/
by glass-drop | 2005-05-17 20:10 | 音楽
モビール
ガラスの玉と海で拾った貝がらを組み合わせて
モビールを作ってみました。

c0048685_12595768.jpgテグスでつないだパーツを流木の小枝に結び付け、動きや重さのバランスをみながら空間を構成していきます。

はじめのうちはビーチグラスで作ろうと思っていたのですが、ガラス用ドリルを使ってもなかなか穴があかないので、手っ取り早くバーナーワークで作ったガラスの玉を使いました。


c0048685_12572754.jpg炎で溶かしたガラスを
鉄の棒に巻き付けて作るので
丸い穴が1つあいています。
ここにテグスを結び付けます。

透明な青系の色が美しい鉛ガラスを使った玉や、
ビーチグラスみたいな質感のツヤ消しに仕上げた玉を選んで、
海を思わせるような涼しげな色味にまとめました。


風の流れを感じてゆうらりと踊るモビール。
空(くう)に息をかよわせ、間(ま)の存在を意識させてくれます。
by glass-drop | 2005-05-04 13:12 | ガラス・創る