<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
海士と潜る(その1)
海に潜ってアワビやサザエなどの漁をする海士(あま/かいし)。
ひょんなことからその漁に同行する機会を得ました。

南房総のとある小さな漁港。
建物の屋根の下に漁師たちが集まって何やら会議をしている様子。
今日の漁を操業にするか否か話しあっているのだといいます。
「あの屋根の向こうに赤い旗が上がったら、今日の漁は中止だよ」
知人を介して知り合った海士の男性は漁港を指してそう言いました。
いつもなら漁ができるかどうか既に判明している時間らしいのです。
が、しかし旗はなかなか上がってきません。

空は晴れわたり夏の陽射しが眩しく降りそそいでいます。
けれども海の中は穏やかではないのかもしれません。
風や波、潮の流れによっては命に関わる危険が待ち構えている場所。
そんな海に対峙する漁という仕事のシビアさを垣間見た気がしました。

ようやく旗が上がったのはいつもより30分遅れの9時半でした。
青空にはためく黄色い旗。操業可能の印です。よし、潜るぞ!

港の裏手にある貝の養殖場の脇を歩いて、漁場の磯に付きました。
海士はTシャツを脱ぐと、ぴったりとした青色の上下に着替えます。
既に磯に出ていた他の海士たちも同じ色の股引と長袖姿。
身に付ける服の色は地域ごとに決まっていて、よその漁場に入って
漁をすることは禁じられているのだそうです。
さらに海士は靴底がフェルトになっている磯タビをはき、水中メガネ、
獲物を入れるタマリ、それに持ち手が木で出来たバールのような道具を
身につけて磯の深みに向かっていきました。

私はラッシュガードを着て、マスクにシュノーケルとフィンを装着。
季節はほぼ夏とはいえ、まだまだ冷たい海の水。そういえば
海水温は気温の1〜2カ月遅れで暖かくなるという話をききました。
ほんとうはウエット・スーツに身を包みたいところですが、
素潜り漁での着用は禁止されているとのこと。
海中で体を動かし水の冷たさに耐えるしかありません。

海面には少し波が出ています。
比較的波がおだやかな岩の裏手で漁を始めることになりました。

海士は呼吸を整えると頭からまっすぐに海底へ潜っていきます。
大きい岩の下をしばらく覗き込み、道具をグッと差し込むと浮上。
「この岩の下にアワビがいるよ」
間を空けることなく何度も潜水と浮上をくり返し、
彼のタマリの中にはアワビがどんどんたまっていきます。

c0048685_1615751.jpg上段3個とウラになっているのがアワビ。下段左と中がトコブシ。殻の巻きはじめが緑色になっている貝は養殖場で稚貝の時期を過ごしたもの。3cmほどに成長したものを漁場に放流し、規定のサイズ以上に育ったものを捕獲する。
(ちなみに漁業権を持たない者が単独でアワビを捕獲することは
「密漁」となり処罰の対象になってしまいます・・・)

私といえば、海草のジャングルをかき分けて潜るのが精一杯。
ときおり岩の隙間にイセエビを見つけ触角を掴んではみるのですが
捕らえることは出来ませんでした。
それにしてもアワビ、どんな所にどうやって隠れているんだろう?

しばらくの間、潜水と浮上をくり返し漁は続きましたが、
海水の冷たさにさすがの海士も芯まで体が冷えてしまった模様。
ひとまず1ラウンド目の漁を終え、陸で暖を取ることにしました。
(下のページへ続く)
by glass-drop | 2005-06-29 16:03 | 自然
海士と潜る(その2)
(上ページからの続き)

海辺にいくつか置かれている押し入れほどにも満たない小さな箱。
3人座るのがやっとというこのシェルターの中でストーブを焚き、
海水と風によって体温を奪われ指先がしびれるほどに冷えきった体を、
汗が吹きだしてくるまでじっくりと暖めます。
暖めが足りないと、あとで頭が痛くなったりしてしまうのだそうです。

身体が充分に暖まったところで2ラウンド目の漁がはじまります。
私たちは再び海の中へ入っていきました。
はてさて・・・私にも獲物を見つけることはできるのでしょうか??

アワビの好む場所を海士は丁寧に説明してくれました。
「ほら、ここの岩がタナみたいに掘れているところ。
 これがあっちまでずっと続いていて、隙間にアワビが隠れている」
水中に潜って指し示した隙間をのぞきこむと、確かに岩肌とは異なる
何か塊のようなものが奥のほうにあるのが何とかわかりました。
おぉ!これがアワビ!?

ようやく獲物の好む場所が何となく理解できてきました。
注意深く探していきますが、そう簡単には見つけることができません。
それもそのはず、アワビの貝殻の表面は海藻や海綿で覆われていて
一見しただけでは岩肌と同じようにしか見えないのです。
アワビを次々と剥がしていく海士はさすがです。
獲物のオーラを第六感で嗅ぎとっているとしか思えません・・・?!

息を整えながら私も根気よくタナを覗き獲物を探してまわりました。
そしてついに怪しい塊が岩のタナに逆さにへばりついているのを発見。
塊から黒い触角のような物が出てちろちろ動いているのが見えます。
これは・・・・アワビ!?
少しドキドキしながら、持参していたコーキングヘラを岩と塊の間へ
一気に差し込み、パカリと剥がしました。

捕れた獲物は殻の縁の形と呼吸孔の数がアワビとは少し違っています。
近い種類の貝、トコブシでした。
それでも嬉しさと、そして寒さとでブルブルと身体が震えます。
さらに探しまわると、2個目を捕らえることが出来ました。

漁を終え、冷えた身体を暖めながら捕れたてのアワビを頂きました。
まずは生のアワビを潮味のまま大胆に丸かじり。
コリコリとした歯ごたえで、噛み締めると磯の香のむこうから
ほのかな甘味がしてきます。
ストーブで殻ごと焼いたものはプリプリと柔らかい触感、
甘味も増してさらに美味しく感じました。
なんとも豪快で贅沢。漁場ならではの味わい方です。

c0048685_1554379.jpgお裾分けも頂いたので、さっそく自宅に持ち帰って料理しました。
ゴマ油で風味を付けたアワビ粥、少し柔らかく蒸してからのバター焼き。そして生のアワビにキモと味噌と大葉を加えてたたいた、なめろう。このなめろう、実に滋味あふれる味わい。お酒に合うこと請け合いです。


海士・海女という仕事は、そう簡単に出来るものではなさそうです。
自然と真摯に向き合い、体調を管理し、漁場のルールを守ることが
出来てこそ漁をする資格があるのだ、ということがよくわかりました。

また1つ、南房総の海の魅力を知ることができた今回の素潜り漁体験。
たいへん興味深く良い経験となりました・・・!
by glass-drop | 2005-06-29 15:55 | 自然
コンナ・モンガ
今年もまた8月初旬に「千倉サンバ・フェスタ」が開催されます。
華やかなサンバ・パレードがやってきて海辺の街と港を練り歩き
たくさんの人々を熱狂の渦に巻き込んだ昨年の初開催以来、
南房総では「我々も地元にサンバ・チームを作ろう!」という
盛り上がりが徐々に高まってきていました。

そんな中、ついに有志が集まって地元チームを結成。
今日は海辺をのぞむカフェの庭先に、十数人のメンバーが集まって
第2回目となる楽器の練習が行われました。

つたないながらも皆で打楽器を叩いて音を重ねていくと、
だんだんサンバらしいグルーヴが出てきてなかなかいい感じです。
複雑なリズムは打てませんが、そこはノリと楽しさでカバー。
この調子なら今年のサンバ・フェスタに合流できるかもね・・・?!

ノってきた我らがサンバ隊は、初のパレードも決行してしまいました。
のどかな田園の小道を浮かれたリズムで練り歩き、折しも近所の
ギャラリーで開かれていた絵画展のオープニング・パーティーに乱入。
庭で作っていたパエリアやお手製のアンズジャム、サラダにワインなど
ちゃっかりご馳走のご相伴にあずかったのでした・・・!

c0048685_2256990.jpgまだまだ楽器もダンサーも
揃っていないチームですが、
音楽を楽しむことにかけては
皆な人一倍積極的。

ついにはこんな打楽器まで
考えてしまいました。
その名も「コンナ・モンガ」


c0048685_22444479.jpg
どんな構え方でも
どこを叩いてもオーケー。
バチで打っても手で叩いても、
なかなか深みのある
イイ音が出るんです。

そのうえ軽いし水で洗える
のでお手入れも簡単。
何より貰いものなので
お金も掛かっていません。

・・・実はこれ、本来の姿は
ジュースを保存するために
使われていた容器なのです。

いやはや・・・こんなもんが打楽器になるとはねぇ!?
by glass-drop | 2005-06-12 22:47 | 音楽
海は気まぐれ
大潮の朝。
生い茂った海藻がとぎれておだやかな水底を見せている岩場に
またしてもあの鮮やかな青い魚、カタクチイワシの群れがいました。

これはすごい!タモ網ですくったらいくらでも取れてしまいそう!
あわててタモを取りに家へ戻り、岩場に引き返してみると・・・
イワシたちが群れの形をくずしてあちこちに逃げまどっています。
そこには黄と茶の虎柄をした長い体の生き物が、カっとクチを開いて
身をひるがえし、群れに襲いかかっていました。ウツボです。

しばしの間イワシをつかまえるのも忘れ、
その凶暴な攻撃ぶりをじっくりと見物してしまいました。
「いつかヤスで突いてみたいなぁ」なんて思っていたのですが
けっこう手ごわそう。海のギャングとはよく言ったものです。

ウツボ見物とイワシ取りもそこそこに、ふたたび岩場を歩きました。
磯ではおじさんがしゃがみこんで大きな岩の下をのぞいています。
「笠貝を取ってるんだよ。塩ゆでしてからワサビ醤油で食べると
 なかなか旨いよ。歯触りもプリプリしてアワビみたいなんだ」
赤い縞模様をまとった浅い円錐形の貝。陣笠みたいな形です。
ふ〜ん。これ、食べられるんだ・・・

翌朝、またイワシをねらってタモ網片手に磯へ出てみました。
昨日はオイルサーディンを作ったから、今日は南蛮漬けでも・・・
そんなワクワクとした気持ちで水中をのぞきこみました。
が、イワシは一匹としていません。もちろんあの凶暴なウツボも。
少々肩すかしをくらったような心持ちでしたが、このまま帰るのも
なんだか惜しいのであの笠貝を探してみることにしました。

岩の影にひっそりと隠れるように張り付いている貝を発見したら、
貝殻と岩肌のわずかなスキ間を狙い一瞬のうちにヘラを差し込みます。

c0048685_17381748.jpg失敗してしまうと貝は固く岩に張り付いてもうピクリともしません。けっこう強力に岩に張り付いているので、ヘラが抜けなくなることも。

苦心の末に何個か、そこそこの大きさの笠貝を取ることができました。

写真は笠貝(マツバガイ)と磯玉(クボガイやアマオブネ)

おじさんの言っていたとおりに塩を入れた水でゆでていくと、
その笠を脱ぐかのように貝殻からポロリと白い身が剥がれ落ちました。
キモを取り去ると、なんだか軍艦巻きみたいな妙なカタチ。
小ぶりなものを選んで少し醤油を付け、口に放り込みます。

うん、おいしい!
適度な歯ごたえがあり、噛みしめるとほのかな甘味があります。
磯玉のような潮くささや苦味はほとんどありません。
大きめの身は切ってオリーブオイルとレモンで和えてみました。
笠貝。こいつは意外とあなどれませんぞ・・・・


海は気まぐれです。
今日出会った生き物たちと、明日もまた会えるとは限りません。
それでも毎回ワクワクしながら海に出かけて行くのです。
そこには新たなる出会いが待っているかもしれないのですから!
by glass-drop | 2005-06-07 17:39 | 自然
テングサ
天気がよく風がおだやかな日に海沿いの道を歩いていると、
赤紫色のモジャモジャしたモノが道端に干されているのを
よく見かけます。南房総の主要海産物の1つ「テングサ」です。

春から初夏にかけてのこの時期、磯の中はまるでジャングルのよう。
さまざまな海藻が鬱蒼と生い茂っています。
テングサはそんな磯の岩場に生えている海藻の一種。
干潮時に海に入って刈る人もいれば、岸に流れ着いた海藻の中から
それだけを選んで拾い集める人もいます。

c0048685_17523886.jpg海の恵みをちょっぴり享受すべく、私もテングサ拾いをしてみました。

水にさらしてから日に干し、また水にさらして干し・・・何回かくり返すうちにテングサは赤紫色から桃色、そして白へと色を変えていきます。


日干し中のテングサと、白くなった完成品。
これを水でグツグツ煮だし、液を冷やして固めると
ゼリーのようにプルプルとした「寒天」になるのです。

出来上がった寒天は、細く切って酢醤油をかけ海苔をまぶし、
トコロテンとして味わうことにしました。

c0048685_17531965.jpg何日もかけて干しあがるのを待ったテングサも、食べればあっという間に消えてしまいます。
でもこのじっくりと「待つこと」がまた、けっこう楽しかったりするのです。
by glass-drop | 2005-06-04 17:46 | 自然