<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
白浜ダム
ほんのり暖かい陽射しに恵まれた午後。
自転車に乗って森の中の小さなダム湖へ向かいました。

c0048685_22383149.jpg白浜町を走る国道410号から
バス停「安房横渚」あたりを
山側に向かう道へ入っていきます。

坂道を登っていくと、土地が開けて
まばゆいばかりのレモンイエローが
目に入ってきました。
菜の花畑です。

花の匂いが漂う中、ミツバチ達が
ブーンと羽音をたてながら
せっせと蜜を集めていました。

空気はまだ暖かさに欠けますが、ペダルを踏んでいると
身体が徐々に暑くなってきます。
一枚また一枚と上着を脱いで腰に巻き、道の奥へと進みます。

森の中を通る道の右手に浄水場が見えてきました。
ダムの水はここで浄化され、家々に行き渡っていくのでしょう。

c0048685_2240621.jpg

青く小さな花びらのイヌフグリ。薄い紫色の可憐なスミレ。
道端には色々な春の花たちが咲いていました。

c0048685_22415328.jpg去年見かけた浦島草の仲間にも
また会うことができました。

奇妙な色と形をした
その花のたたずまいは
爬虫類を思わせます。
あちこちにニョッキリと
カマ首をもたげていました。


ミツバ、セリ、ノビルなどの
食べられる春の山野草も
あちこちに生えていました。

自転車を道の脇に止めては、
少しずつ摘みとります。
もちろん今晩のご飯の
おかずにするつもりです。


道沿いには山小屋風の別荘みたいな家が点在しています。
誰だったか地元の人が、このあたりのことを
「房州の軽井沢」と呼んでいたのを思い出しました。

静かで日当たりのよいこんな山里に、家を持てたら素敵。
ゆったりとした時間の中でおだやかに日々を暮らせそう・・・
ただ、このあたりは携帯電話の電波がしっかり「圏外」に
なってしまう地域のようです。
あちこちを飛び回っていたい私にはまだ早い夢かもしれません。

c0048685_22443180.jpgさあ、いよいよ海辺の町の
小さな水がめ、白浜ダムに到着。
自転車から降りて敷地へ入ります。

なかなか味わいのある書体の
看板が入り口に立っていました。
釣り禁止ってことは、つまり・・・
魚がいるということなんですね?


c0048685_21202924.jpg古びたコンクリートが
いい味を出している
ダムの縁。
橋のようになっている
ので、歩いて渡って
みました。



c0048685_030362.jpgこんもりと茂った木々が
水鏡に映っています。
新緑の季節にはさらに
美しい風景になりそうです。


c0048685_0564979.jpg中ほどまで渡り歩くと
ポンプが水面に伸びていました。
機関車みたいに黒くてごつい。
なかなかの存在感です。


ダム湖の水辺に降りてみました。
下草はきれいに刈り取られ、ゴミ箱も設置されていました。
手入れがゆきとどいた水辺。地域の憩いの場なんでしょうね。

c0048685_0314923.jpg


c0048685_033120.jpg周囲に植えられた木は
桜の木のようでした。
水辺に映る満開の
桜の花・・・
どんなにか美しいこと
でしょう。

その頃になったらまた
自転車で来てみようかな。

ガイドブックには記されていない美しい風景。
そんなお宝のような場所が、この町にはまだまだ沢山ありそうです。
by glass-drop | 2006-03-15 22:50 | 旅・散歩