<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
冬へ
c0048685_11593184.jpg凛と透った冬がやってきた

砂を覆うカジメのむくろ
冷えた両耳を交互に撫でる
波のささやき

夕暮れの灯台 モノトーンの雲
呆気なく訪れた夜を
鈍く照らしはじめる 細い月 

留まろうとしても全ては
変わることをやめはしない
風景も 時間も 自分でさえも

歩いて行こう 今という幻を
渚に打ち寄せる
記憶の欠片を拾いながら 

移ろう季節に 暖かな潮が再び
満ちてくるまで
by glass-drop | 2006-11-26 12:02 | 旅・散歩
畑地区を走る
気持ちよい晴天に恵まれた日。自転車で山を走りました。
白浜から山あいの静かな集落、畑(はた)を目指します。

c0048685_1512886.jpgマテバシイ、スギ、タケなど
様々な植生の林が
入れ代わりで現れる林道。

小さなトンネルが幾つか
あってなかなか面白い
道なのです。

参照記事:2005年11月9日
「林道2号線」
http://glassdrops.exblog.jp/m2005-11-09/#3038216


c0048685_16122641.jpg今回は千倉まで抜ける
つもりで向かったの
ですが・・・
畑地区は新しい道を作る
ための大掛かりな工事の
真っ最中でした。

行き交うダンプカーを
道の端に寄っていちいち
避けなくてはならず
スムースに走れません。

アスファルトはあちこち
ボコボコに陥没。
水がたまってぬかるみに
なっている箇所も
ありました。

せまい道を遮る沼のようなぬかるみを強引に突破。
しかし自転車のタイヤだけでなく、チェーンもギアも
思いがけず深さのあったぬかるみに飲み込まれ
べっとりとした砂混じりの泥を被ってしまいました。
もちろん服も靴も泥まみれ。あ〜あ・・・

c0048685_1572011.jpgこのままで走ったら
自転車が壊れて
目的地まで行けなく
なっちゃう・・・・

幸いにもほど近くに
湧き水が勢いよく
流れる水路を見つけ
ました。

自転車を水流の中へぶち込んで洗う、洗う、洗う!
冷たい水は先へと焦る気持ちを程よく冷やしてくれました。

c0048685_16162184.jpg数カ所あるトンネル
のうちの1つ。

近辺に鬱蒼と茂っていた
はずの原生林が
あまりにもあっけなく
切り開かれていました。

畑から千倉へと抜ける道の1つに車両通行止めの立て札が。
自転車1台くらい通れるだろうとタカをくくっていると
1キロほど進んだところで「工事関係者以外立ち入り禁止」
の看板とバリケードに進入を拒絶されてしまいました。
せっかく颯爽と下ってきた下り坂。すごすご上って戻ります。

立て札の指示に従って、ちょっと遠回りの山道へと迂回。
しかし疲れとともに上り坂がだんだんきつくなってきます。
無理せず自転車を降りながらゆっくりと押し歩きます。

ランナーズハイみたいなものなのか
身体のきつさを心が受け入れはじめた頃、景色が開けました。

c0048685_15132720.jpg

あぁ、けっこう高いところまで来てたんだなぁ!
常緑樹の多い房総の山。紅葉した木はちょっと少なかったけど
それでもちらほらと見える赤や黄色に心がなごみました。

さぁ、千倉の街中まであと少し。
ゆるく蛇行しながら下っていく見通しの良い坂道を、
ブレーキをほぼ解放にして走り抜けました。
風になって飛ぶように疾走する、あぁこの開放感よ・・・!

上り坂の苦しさ。下り坂の疾走感。
どちらも自転車こぎの醍醐味と言えましょう。
また走りに行きたいな。早く道路工事終わらないかな・・・
by glass-drop | 2006-11-23 15:14 | 旅・散歩