<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
千倉の風力発電問題
南房総の千倉町にある緑深い里山に
とある民間企業の手によって風力発電用の巨大な風車を
建設しようという計画が進んでいるようです。
それも、近隣住民への説明や承諾がほとんどないままに・・・

近い将来、お花畑で有名な白間津あたりの里山は
こんな風景に変わり果ててしまうかもしれません。

c0048685_18561990.jpg


この計画は千葉県や南房総市の行う公共事業ではありません。
CEF(クリーンエナジーファクトリー)という業者の個人的事業なのだそうです。

風力発電は、CO2を排出しないクリーンなエネルギーをもたらす
とその計画を進める業者CEFは語っています。
しかし風車を一基建設するために里山の森が
こんなにも削られてしまうケースがあるのです。

c0048685_18585100.jpg

(↑PhotoMessage 真魚長明さんのブログより)
CEFがサイトで語っている「人と自然に優しい」の言葉とは
あまりにも矛盾しています。

森が大規模に破壊されれば動植物の生態系のバランスは当然崩れてくる。
地域の飲料水として利用されている川(長尾川)の源流も
開発による土砂や化学物質に冒される恐れがある。
森からの雨水が流れ込む近隣の海だってもちろん無関係ではない。
美しく豊かな海は失われ、海草や魚たちやアワビやサザエは消えてゆき
漁師や海女、観光を生業としている人々は廃業に追い込まれてしまう・・・
そんな事態になるかもしれません。

また、大きな風車は耳に聞こえないほどの低い音や振動を生み出し
近隣の住民は頭痛や不眠で悩まされることになるそうです。
最悪、私も活動の拠点を別の地に移す羽目になるかもしれません。
そう。これは私自身の危機でもあるんです。

人間による、エコロジーの皮をかぶったエコノミー活動。
それはガン細胞のように自然界を蝕み、
やがては人間自らをも死に追いやっていくことでしょう。
私たちは知らず知らずのうちにその恐ろしい活動に加担させられて
すでにガン細胞化しているのかもしれません・・・


STUDIO AKIYAは 千倉の風力発電計画に反対しております。
下記サイトにご賛同の方はぜひ署名にご協力下さい!
(リンク・ダウンロードフリー)

★千倉の風力発電を考える会 http://chikurawind.web.fc2.com/
★千倉の風力発電を考える会(mixiコミュニティ)ストップ★千倉の巨大風車建設
署名用紙(署名の期限:2009年7月26日)
 署名の送付はFAXでも受け付けております。
FAX:0470-43-1039/ 0470-44-5088
by glass-drop | 2009-06-23 18:43 | 自然