コンナ・モンガ

今年もまた8月初旬に「千倉サンバ・フェスタ」が開催されます。
華やかなサンバ・パレードがやってきて海辺の街と港を練り歩き
たくさんの人々を熱狂の渦に巻き込んだ昨年の初開催以来、
南房総では「我々も地元にサンバ・チームを作ろう!」という
盛り上がりが徐々に高まってきていました。

そんな中、ついに有志が集まって地元チームを結成。
今日は海辺をのぞむカフェの庭先に、十数人のメンバーが集まって
第2回目となる楽器の練習が行われました。

つたないながらも皆で打楽器を叩いて音を重ねていくと、
だんだんサンバらしいグルーヴが出てきてなかなかいい感じです。
複雑なリズムは打てませんが、そこはノリと楽しさでカバー。
この調子なら今年のサンバ・フェスタに合流できるかもね・・・?!

ノってきた我らがサンバ隊は、初のパレードも決行してしまいました。
のどかな田園の小道を浮かれたリズムで練り歩き、折しも近所の
ギャラリーで開かれていた絵画展のオープニング・パーティーに乱入。
庭で作っていたパエリアやお手製のアンズジャム、サラダにワインなど
ちゃっかりご馳走のご相伴にあずかったのでした・・・!

c0048685_2256990.jpgまだまだ楽器もダンサーも
揃っていないチームですが、
音楽を楽しむことにかけては
皆な人一倍積極的。

ついにはこんな打楽器まで
考えてしまいました。
その名も「コンナ・モンガ」


c0048685_22444479.jpg
どんな構え方でも
どこを叩いてもオーケー。
バチで打っても手で叩いても、
なかなか深みのある
イイ音が出るんです。

そのうえ軽いし水で洗える
のでお手入れも簡単。
何より貰いものなので
お金も掛かっていません。

・・・実はこれ、本来の姿は
ジュースを保存するために
使われていた容器なのです。

いやはや・・・こんなもんが打楽器になるとはねぇ!?
by glass-drop | 2005-06-12 22:47 | 音楽